湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< ミハシα-1ストライカー170mm、2007年型ニューバージョン | main | カーペンター.ウッド製「SWプラグ」に新顔登場… >>
鯛カブラ「シャウトのアンサー」が効果を実証(九州福岡)
0
    稲舛茂俊さん(福岡健康医学社:福岡県博多市)。この名前にピ〜ンときたら、あなたは相当キャリアリの長い「RISE」マニアです。

    1980の開店時、アルバイトで働いていたRISEの店員さんでした。鍼灸学校に通いながらのお手伝いでしたが、とにかく釣り好きで、寝る間も惜しんで「釣り三昧」の日々を過ごしました。釣りは圧倒的に上手く「フライ」「バス」「レイクトローリング」「SWキャスティング」となんでもOK。福岡に帰っても「ルアー、フライ」をバリバリ楽しんでいました。

    稲桝さん2

    ところが最近はマイボート購入。日本の伝統釣り具「鯛カブラ」に興味を持ち、ソルティーラバージグ「アンサー」(シャウト)を使い、真鯛を釣っています。軽いウエイトが中心で、引き方は「素引き」。人から聞く「スロー」とはまったく正反対の「ミディアムスピード一定速」がベストだとのこと。

    稲桝さん3

    ボトムから巻き上げ(ノーアクション)15m地点でゴンゴンゴン。ここで慌てて動かしたらダメ。そのままのスピードを維持して巻き続けるとスズンとティップが入る。

    なんと稲舛さん、エサ釣りの「真鯛」は何度やってもボウズだったのに「アンサー」で狙ってからは釣り放題。もちろんボウズの日もたまにありますが、そんな日は真鯛が不在と諦めているそうです。

    スゴイのは真鯛釣り初挑戦の人にアンサーの「ただ巻き」をさせると確実に真鯛をゲットだそうです。固定観念がないだけに、一定速のリーリングができるからだそうです。

    稲桝さん4

    セットされている「フック」は1〜2匹釣ったら交換。スカートもラバーも素早く変更が「数釣りのキモ」です。

    ロッドは先調子で、繊細なティプがいいそうです。稲舛さん、ラインは太めでPE2号。これは回遊魚のヒットが多いからで…マダイだけ狙うなら0.8号でOKとのことです。

    ちなみにボトム着底で「ヒラメ」、巻き上げて「マダイ」、さらに水面近くで「カンパチ」「ヒラマサ」「イナダ」がヒットするそうです。

    稲桝さん7

    「稲舛、経験理論」によれば潮の流れに影響されない「一番軽い」アンサーを使うべきで、水深40m前後で潮が動かなければ45gがベスト。水深100mでは90gを使うといいでしょう。

    なぜ、アンサーかと云うと「作りの美しさ」「ラバーの少なさ」「釣れるから」で、価格的に漁具の二倍以上しますが、釣果はそれ以上とのこと。シャウトさんの「スポンサー」を受けているような発言ですが、稲舛さん、すべて「RISE.WEB通販」にてお買い上げです。

    本日は来店して「アンサー」を購入。さらなる可能性を求め「根魚&青物」用にと「インチク」を大量購入してお帰りになりました。また新情報がありましたら掲載いたします。

    RISE Shopping(Shout!)
    | saty-harada | 湘南情報 | 15:56 | comments(2) | - | - | -
    30年前の話ですね(笑)
    当時はバストーナメントと雷魚とトラウト...
    冬に湘南のシーバス。フライやレイクトローリング。

    今は相模湾のキハダキャスティング、シイラ、シーバス、ヒラメ...
    外房ジギングのヒラマサ、カンパチ、ブリ。
    スロージギング〜スーパーディープジギング。
    時代と共に流行の釣りスタイルは変わりますね。
    | 55HARADA | 2017/07/09 6:32 PM |

    イナさんだ!
    オフロードバイクに乗ったクボタさん?
    原田雷魚さん。
    いやー、懐かしいです。
    | mini | 2017/07/08 1:17 AM |










       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    このページの先頭へ