湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< CB ONE Popper:DIXON.BAZOO使い方が違います... | main | 体高があり、水噛みが良く水平浮きに近いPaddleBait165b >>
2.5g軽く、浮き姿勢70度に変更の最終プロトモデル完成:TT Eagle180F/ver.G
0

    弾き飛ばされるミスを減らすなら#3/0のフックを使用し、水面に出ているボディー部分を少なくします。

    反対に軽やかなアクションはボディーを軽く#2/0フックが適しています。

     

    シルバーボディー/蛍光グリーン(アマガエルグリーン)

     

    前回の75度モデルは約60g。最終モデルは57.5gと2.5gの減量。

    この2.5g差により重いST66#3/0にも対応でき、軽いST58X#2/0にも対応できるようになりました。

     

    浮き姿勢75→70度。5度の差は誤差の範囲かも(笑)

    | saty-harada | タックル紹介 | 12:35 | comments(0) | - | - | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    このページの先頭へ