湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< オススメ!! 素早くキハダ、ビンチョウの泳層へ落とし込め...2WAY spiky Semilong/ROUND 250g.300g | main | 釣果報告:九州ヒラマサ遠征 ヒラマサ11kg.8kgをキャッチ... >>
今年のトレンドのトンジギってな〜に? 基本タックルと操作について...
0

    今年から本格的に始まった伊豆半島沖のトンジギ(ビンチョウマグロの別名がトンボ:胸ビレがトンボの羽根のように長い)が、只今絶賛盛り上がり中です(笑)

    ビンチョウマグロの泳層は主に水面から50~150m(表層に出ることもあります)で、大きな群れで回遊しています。

     

    群れに当たれば...ご覧のとおり!!

    魚屋さんか?シーチキン工場ができますね(笑)

     

    魚探で群れを探し、回遊コースを流してジギングをします。

    風が強かったり、潮が速いときは船を立てることはありますが、通常は船を横向きにしたドテラ流しとなります。

    片舷に一列に並んでの潮流しスタイルです。

     

     

    潮の流れる速度にもよりますが、斜め引きになるので、使用ジグは水深に比べ重い物を使います。

    水深100~150mでも200~300gがメインとなります。

    同じポイントでキハダ(20~60kg)も混じるため、最低でもPE3~4&60~80LBが必要。

    ジグの形状はセミロングorロングです。

    カラーは澄み潮、晴天はシルバー系。濁り潮、曇天はゴールド系を使っています。

    トンジギ、一般的には「シャクリ&フォール」はゆったりです。

     

     

    トンジギはベイトタックルの使用率が高い!!

    理由はビンチョウもキハダもフォールのアタリが多く、ラインの変化が見やすく、手に感じやすいベイトリール(ラインが一直線に出るので...)が有利だからです。

    またベイトリールは、重いジグも楽々と回収できるトルクがあるのも理由の一つです。

     

    ベイトリールはトルクで巻き上げ...

     

    ロッドは...

    30kgのキハダも混じるからと棒のように強く硬いロッドを想像しますが、ベイトはファイト重視でなく操作重視。

    従って300gのジグならPOSEIDONの603or604power、RISE BORONでは56L.56MLの強度がちょうどいいと思います。

    もちろんスピニングタックルも使います。

    PE3~4&60~80LBはベイトと一緒。

    キレのあるシャキシャキのワンピッチならスピニングタックルの方が断然有利です。

    ベイトタックルはリール重視(ロッドパワーは使わないリールファイト)、スピニングはロッド重視のファイトとなり、ロッドを曲げ、その反動を利用して寄せるスピニングの方が大物は短時間に浮上させれられます。

     

    スピニングの利点はロッドの反発で浮かせられること...

     

    トンジギの基本

    ジグを船長の指示ダナに送り込みます。

    潮が速くなければ1回目は直線的に落ちていくと思います。

    アクションはスローなワンピッチで、速さは魚の活性で変わりますが、同船者の方が釣れたら、そのリズムをマネてください。(これがヒットへの早道:笑)

    水深100mの指示なら110m送り込み30~40mアクションさせ誘い&フォール。

    このフォールの瞬間のバイトも多いので気を抜かないように...

    2回目のフォールは潮に流されているので、100mを狙うのに120~130m送り出すことになります。

    3回目以降、さらにラインが斜めになると、釣りがやり難いのでジグを回収して再投入。

    この繰り返しです。

     

    250~300gが中心サイズ

     

    ヒットは千差万別...

    ときには回収の速巻きノーアクションでヒットしたり、指示ダナ送り込んでいる途中にラインが止まったり。

    アクションのスピードとリズムは色々と試してください。

    その日のヒットパターンを早く掴むと数釣りができます。

     

    PEは3〜4号が一般的。

    乗り合い船で2号以下はファイト時間がかかるので...NG

     

    フックは?

    フックシステムはジグのヘッド部はシングルorツインのアシスト。

    マグロ系特有の追い食いがあるのでジグのテールにシングルアシスト(ショート)を付けます。

     

    リーダーは60~80LB

    飲まれ切れも回避できます。

     

    ファイト中の注意!!

    ビンチョウ、キハダの大物がヒットしたらオマツリを避けるため、両隣りのアングラーはジグを回収して待つことに...

    離れたポジションの方は、この瞬間こそが絶好のチャンスです。

    回遊中の群れが止まり、やる気スイッチONで「連続ヒットの確率」がぐっと上がります(笑)

    ただし魚が大きいと浮き上がるときの旋回幅が広く、オマツリが起きます。

    ライン同士のクロスはお互いが近づき、ラインの方向を確認してかわします。

    ファイト中の方のラインにジグが絡まったら、ノーテンションで一緒に水面まで...

    無理にロッドをあおり、外そうとするとライン切れが起きます。

     

     

    ランディング

    15kg未満はネット。大物は銛やギャフです。

    船ベリに寄せてから浮かせるのは緊張しますが、慌てず一定のリズムで...

    とにかく船長の指示に従ってください。

    ネットの場合、ネットインを確認したらラインを緩めてネットの奥に収まるようにしましょう。

    ラインを張ったままでは宙ぶらりんで逃にげられることも。

    魚の頭が入ったらロッドを下げるだけでOK(笑)

     

    ちょい深場を狙うとメダイも...

     

    釣れないときは...

    とくに船中が爆釣で盛り上がっているのに自分だけ蚊帳の外。嫌な場面ですね〜

    焦る気持ちから、リズムが乱れて「悪循環」に陥ります。

    ここはぐっと気持を押さえ、とにかく指示ダナを「丁寧に、丁寧に...」これが極意!!です。

    ボウズ逃れに、ぜひお試しください。

     

    同じポイントでキハダもヒット...

     

    [ビンチョウジギングが楽しめる釣り船]

    ひがし丸:下田港::乗合、仕立て

    恵丸:南伊豆手石港:乗合、仕立て
    もき丸:南伊豆手石港:乗合、仕立て
    伊豆忠兵衛丸:南伊豆手石港:乗合、仕立て
    くらはし丸:南伊豆手石港:乗合、仕立て

     

    55HARADA

    ベイトタックル:RISE BORON 56MLを使いましたが、56Lの方が楽しいかも。

    フォールのアタリはベイトタックルが断然有利です。

     

    55HARADA

    トンジギ中にスピニングタックルで30kgのキハダ。

    ロッドの反発でファイトは6分間でした。

    ファイトは楽だけど、その分ジグ回収時の引きおもりはツライ(笑)

    ベイトとスピニングはファイトスタイルが違います。

    | saty-harada | ルアーフィッシング | 19:38 | comments(0) | - | - | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    このページの先頭へ