湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< 最終モデル!! 2WAY spiky Semilong/TOUGH:タフ.70g.120gバイブレーションフォールで海サクラ、サワラ、ホウボウを狙え... | main | 超速報!! 伊豆南西沖にキハダが来ました...くらはし丸(南伊豆手石港) >>
再掲載!! TT Eagle EVO180F.210FとTT Eagle 180F ver.Gの違い!!
0

    魚じゃらし工房&tamaTVのコラボレーションペンシルTT Eagle EVO 新製品の210Fはとにかくキビキビ動きます。

    昨年大活躍のTT Eagle EVO.180F。釣果はもちろんですが、抜群の飛距離、完璧な泳ぎ、美しい塗装と、すべてが最高のクオリティーで大評判になりました。

     

    この3色になります。

     

    TT Eagle EVO.180F.210Fは今季分は終了致しました。

    次に登場するのはTT Eagle ver G.180Fです。

    まだ販売日程は不明ですが、フラットは15度浮き。スタンドは70度浮きの2種類を製作中。

     

    TT Eagle EVO.210Fと180F

     

    大型ベイト用、超アピールのTT Eagle EVO.210Fは本体90g。

    (ST66#4/0フック&リングで110gになります)

    ワンピッチジャークでは水面下を派手なドッグウォーク。止めると浮力のある桐ボディーで急浮上。

    ステイの姿勢は垂直。

    回遊するキハダ、ヒラマサの誘い出し用に作られ、キハダ、クロマグロ、ヒラマサのシイラパターンにピッタリ。

     

    TT Eagle EVOのフェイスはかなり繊細に作り込まれています。


    浮き姿勢は垂直。動き出し最高!!

    誘い出しのワンピッチジャークに最適。

     

    桐製のハンドメイドは浮力がありキビキビアクション。

    ロッドを下向きに回収すると...水面直下をミノーのようにS字で泳ぎます。

    浮力の強い大きなヘッド部、えぐれた腹部からテールへと細くなり...完璧に泳ぎ重視のボディーデザイン。

     

     

    TT Eagle180F ver Gはスリム形状で飛行姿勢によるナブラピン撃ち&ステイの15度。スリムボディーで浮き待ち...

    止めて、浮かせた、バイトに持ち込むキハダ、クロマグロの究極の釣りスタイルに特化しています。

    70度は誘い出しにも対応できるS字アクション。フック設定ST66#2/0では軽やかに...#3/0は、どしっりステイ&水中ジャーク。

    1ピッチジャークならブリ、ヒラマサトップゲームにも対応できます。

     

     

    風の抵抗が少ないスリムボディー

     

    TT Eagle EVOと対照的な浮き姿勢

     

    むしろ泳がなくていい!!

    飛んで、ナブラ直撃して...待っていればドカ〜ンが理想です。

    相模湾、伊豆、駿河湾、遠州、紀伊半島沖の真夏のキハダに頂点を絞っています。

    | saty-harada | タックル紹介 | 12:31 | comments(0) | - | - | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    このページの先頭へ