湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [頑丈ボックス] Nature Boys:ルアーボックス・アベレージはとにかく頑丈!! | main | [再販] ポイント対象外 Paddle Bait 190mm/65g±3g:ローカルスタンダード >>
ジギングマニア:佐竹グリーン2WAY spiky/03PG&Sea's Conductor 63ML
0

    昨日の御蔵島日帰りプチ遠征でも佐竹グリーン(2WAY spikyの限定販売の特別カラー)が炸裂。

    エサ五目船の便乗で、シマアジ狙いのポイントがメインになりました。

    更に、強風(一番強いときは18m位)で島影限定...

    残念ながら、本来の大物狙い:水深80~130mのカンパチ、ヒラマサジギングポイントには入れませんでした。

     

    このサイズになると強烈な突っ込みファイト!!

     

    御蔵島は黒潮真っ只中で、ジギングの天敵「澄み潮」でした。

    浅場の澄み潮は魚にジグを見切られ、とくに泳力に優れたカンパチ狙いではスピードジグのキレでリアクションバイトを誘うのが釣果に直結します。(南伊豆神子元のカンパチも同じ)

    スピーディーとは言え、やみくもに(雑なアクション)激しく誘っても反応しません。

     

    2WAY spiky/Long.Semilong...すべて03PGです。

    カラーで悩むことがないそう(笑)

     

    ジギングの基本「リズム」「スピード」を重視し、これまた基本中の基本「丁寧な誘い」が必要です。

    佐竹くんのスタイルはスピーディーにロッド:Sea's Conductor 63MLをベンドさせ、しゃくり&ロッドの反発力で誘っていました。

    BORONロッドの反発&粘りを完璧に利用した、理にかなったアクションです。

    2WAY spiky Long/165g(PG)は薄身のロングジグで、裏面はフラット構造で、シャクリではジグザッカー(笑)

    ステイでは横向きバイブレーションフォールが特徴のマニア向けのジグです。

     

    今は廃版:限定カラーの原田佐敏リクエストカラー

    佐竹グリーンは輸出専門カラーです。

     

    2WAY spiky Long:正付け(目玉が付いている細い部分に接続)の特徴は振り幅が狭くストレート気味。

    逆付け(両方から2通りに引けるので2WAY)は濁り潮のゆったり誘い。ヒラマサに最適で、大きな振り幅でアピールします。

     

    2WAY spiky Long165g/正付け

     

    佐竹カラーの03PGはゴールド/グリーン.サイドグロー。

    本来は濁り潮用のカラー。東京湾の菜っ葉潮では、ゴールド/レッドとともに最強のカラーと呼ばれています。

    一般的に澄み潮はシルバー系が効くと言われていますが...

    不思議なことに横島グリーン、佐竹グリーンはどんな条件でもその威力を発揮しています。

     

    御蔵島は八丈小島に似ています

     

    ちなみに近海の大型カンパチ(10~20kg想定)狙いはPE4&フロロ60LB以上を使います。

    リーダーが太くなると、食いは確実に悪くなります。

    太仕掛けでの澄み潮攻略はスピードとキレで誘うのが正解です。

     

    カンパチは脂がのっていて美味しい魚です

     

    自分のアクションスタイルと、使用ロッド、使用ジグの形状、ウエイトはマッチさせ、最上のパフォーマンスを発揮させるのが大物狙いジギングのキモ!?だと思います。

     

     

    蛇足ですが、同船の原田はRISE BORON 56ML&SALTIG5000H&PE4&60LBをメインに使いました。

    同じ製造メーカー(レスターファインカスタムロッド)ですが、疲れ知らずのショートロッドなので、同じ2WAY spiky Long165gを使っても水中でのアクションはまったく別物だったような...(笑)

    佐竹くん4匹、自分は3匹&カイワレでしたが、なぜかカンパチのサイズで...ボロ負けでした。

     

    | saty-harada | ルアーフィッシング | 19:37 | comments(0) | - | - | -









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    このページの先頭へ