湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< 速報:朝イチで2匹!! 伊豆南沖のキハダキャスティング:森竜丸 | main | 明日6/5(水)は定休日:出荷は6/6(木)になります。 >>
自分好みの強度:ディープスローのロッドセレクト...
0

    新島キンメ、今シーズン前半は先日で15回の釣行になりました。

    (まだシーズン中なので乗合船が出れば乗船します:チャーターは仲間を集めて釣果が悪いと責任重大なので...やりません)

    15回釣行で3回のボウズでした。(1回は乗船者全員アタリすらなし。あとの2回は船中2~3匹の日でした。)

     

    1300gのキンメ:新島キンメではJrサイズ...

     

    現在、自分がメインで使用しているロッドはRISE BORON 56L.56ML.56Hです。

    800gのジグを操作するのは56L&PE1.5号の組み合わせ。

    かなり柔らかく、全体の3/4がベンドし、ゆっくりと戻ります。

    ハード&ショートのロッドが全盛の時代?に逆行するようですが、アタリが明確に目で分かり好んで使っています。

    ただしシャカシャカアクション&ステイのスタイルにはオススメはできません。

    ロッドがアクションを吸収してしまうからです。

     

    最近は4.1kgの超大物も釣れています!!

     

    1000gは56MLを使っています。

    やはり3/4がベンドしてゆっくり戻るモデルです。

    シリーズの中で一番売れているモデルで...一般的には800gのジグで使われています。

     

     

    56HはPE2号10号フロロリーダーで使用中。

    強く腰があるモデルですがBORONらしい粘りで、棒状のロッドとは異次元(笑)のロッドです。

    自分的はこの3本があれば新島ディープスローの540mまでと、相模湾ベニアコウ1000mまでは問題なく一日楽しめます。

     

    阿部さんのベニアコウはRISE BORON 56MLです。

     

    自分のキンメの誘いはスロージャーク&ステイが基本で、丁寧に刻むだけ。

    うまくハマれば3~6匹。リズムが乱れると1~2匹(笑)です。

    新島キンメの魅力は圧倒的な魚体の大きさ、激ウマの食味、ブランドキンメの価値です。

    個人的には2~3kgのトロキンメが3匹釣れれば満足です。

     

     

    あとジグロストは釣果数以下にしたいですね(釣れる日は潮が素直でロストも減ります)

    ディープスローの天敵は「棚ボケ」と「焦り」です。

    底取りが不明瞭なら迷わず巻き上げて作戦変更。(ジグを重くする、ラインを細くする)

    焦るとアクションが雑になり、リズム、テンポが乱れます。

    同船者に釣れた時が絶好のチャンス。丁寧に誘うと...釣果UPです(笑)

     

    | saty-harada | タックル紹介 | 13:00 | comments(0) | - | - | -









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    このページの先頭へ