湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [カンパチ爆釣] 神子元島のジギング:くらはし丸(南伊豆手石港) | main | [黒潮情報] 黒潮大接近!! 伊豆神子元島のカンパチ、ブリ、大島沖にカツオも... >>
[ウルトラスーパーディープ報告] 本命は釣れませんが...深さに慣れました:第二緑龍丸(真鶴岩港)
0

    水深1000mで深紅の宝石、ベニアコウを狙うウルトラスーパーディープスローに初挑戦。

    肩も腕も手首も壊れるのを覚悟で第二緑竜丸に乗船しました。

     

    男の1000gで勝負...

     

    北の強風で真冬の寒さ。

    水深は920m。新島沖のキンメが370~500mなので...倍の苦痛を覚悟で2WAY spiky Semilong/800gを投入。

    ミヨシ側の浜田さんは2WAY spiky Semilong/1000g。男だね〜!!

    着底まで約15分。500mまでは一直線に潜るが、その先は水圧の関係で沈下速度は遅くなります。

    誘いはキンメと同じでスローなワンピッチを基本に、フォールやステイを入れてボトムから15mまで探りました。

    (湾奥で潮が緩いので楽に引けますが、沖の瀬では潮が速いので1000gも底取りできない時も...)

    同じポイントを流していた緑竜丸(大船長船)のエサ船は朝の1投目に4kgサイズベニアコウをゲット。

    我々は外道のイバラヒゲが3匹、3匹で6匹のみ。

     

    原田は虚弱なので800g(笑)

     

    恐れていた巻き上げ回収「地獄の肉体労働」ですが...

    意外や意外、潮の速い新島沖のキンメ500m狙いより軽い。

    船長が時間を計測。原田で回収までに20分。短時間に驚きでした(笑)

    投入に15分、流し誘いに20分、回収で20分、ポイント戻りに5分。これで1時間のルーティン作業。

    ポイントまでの往復時間を考えると、釣り時間内のジグ投入回数は5~6回/1日です。

    同じエリアの500~600mではアブラボウズも狙えるそうです。

    また、第二緑竜丸さんは少人数で出船可能(料金割増しで1名から出船:アブラボウズは2名から...お客様と船長では魚があげられないから!!)

     

    iK#のロングツインアシスト...抜群の刺さり!!

     

    地獄の肉体労働との事前情報にビビってましたが、実際に挑戦してみると、私のような「虚弱ジジイ」でも息を乱すことなく、もちろん休むことなく約1000mを巻き上げられ、時間があれば10投入したいと思いました。

    今回はとても勉強になりました。

    注意:巻き上げが楽なのは...潮が効いてない。使用するロッドが5.6ft未満のショート。大型ベイトリール&ロングハンドル。水の抵抗が小さいジグを使った場合に限ります(笑)

    | saty-harada | ルアーフィッシング | 18:37 | comments(0) | - | - | -









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    このページの先頭へ