湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [オススメ] 外房、南房のヒラマサキャスティングに...クロシオオフショアOC 80M.80Hの二機種がオススメ!! | main | [2WAY spiky逆付け公認!!] 極太でヨレ防止の iKアシストフック(K.IWASAKI製作)が再入荷。 >>
[使い方講座] 2WAY spikyの正付け、逆付け(両方向から引けるので2ウェイ...特性が変わります)
0
    2WAY:ツーウェイ(最近は大谷選手の二刀流が思い浮かぶ)とは「二通り」という意味です。
    2WAY spiky(スパイキー)シリーズにはロング、セミロング(ラウンド/タフ/フラットの3機種)、ノーマルがあり、すべて2通り(前後両方向から引ける)の使い方ができます。
    2つの目玉が付いてる方にラインを結ぶのが正付け(セイヅケ)で、反対のアワビドット(目玉)側にラインを結ぶのが逆付け(ギャクヅケ)になります。
    [特 徴]
    2WAY spiky Longの場合:
    正付けは水の抵抗が少なく軽く引けます。1ピッチでの動きは穏やかなS字アクション。
    ボトム付近を回遊する大型ブリは正付けが効果的です。
    オオナゴ、コウナゴパターンでは最強。
    ワラサ狙いのジャカ&ステイ&フォールもアシストフックが巻き付くトラブルは少ない。
    逆付けは、薄身&裏面フラット構造なので、1ピッチでZアクション&水平ステイが最大の特徴です。
    ヒラマサ狙いはこのZアクション&ステイで捕食。
    とくに水深40m以浅の斜め引きでは抜群の効果を発揮します。
    ヒラマサ狙いの1ピッチジャークを、よりクイック&バーチカル(垂直)に狙うのがカンパチです。
    小型カンパチはジャカ巻き&ステイが効きます。
    逆付けの欠点は早過ぎる動きで回転運動を起こし、アシストフックが巻き付くトラブルが発生します。
    2WAY spiky Semilong/ROUND(ラウンド)の場合:
    85g.115g.145g.175g.205g.250g.300g.435g.600g.800g.1000gの11サイズ。
    85~300gの正付けではテールヘビー構造となり、素早く狙いのタナへ送り込むことができます。
    ラウンドボディーは水の抵抗が少なく、巻き上げで軽く引けます。
    1ピッチでの動きは穏やかなS字アクションとなります。
    ワラサ、サワラ、カンパチ、ハガツオ、タチウオ...に効果的。
    コンパクトボディーなのでイワシがベイトの時に大活躍。
    マダイ、ヒラメ、ホウボウ、根魚にも最適。
    175g.205g.250g.300gは深場のカンパチ、ヒラマサ、キハダ、クロマグロで実績抜群。
    逆付けはよりアピールが欲しいときの1ピッチアクションで誘います。
    85g.115g.145g.175gはマダイ、ヒラメ、ホウボウ、根魚に最適。
    小型カンパチ、カツオにはジャカ巻き&ステイが効きます。
    ヘビーウエイトモデル435g.600g.800g.1000gは正付けが基本です。
    水深300~500m狙いは、回収時の水圧がハンパなく、逆付けは地獄です(笑)
    深場のマダラ、キンメ、クロムツ、メヌケ、アブラボウズに使われています。
    遠征ディープ水深200m~カンパチは435gが大活躍(小笠原、沖縄、八丈島)しています。
    2WAY spiky Semilong/TOUGH(タフ)の場合:
    肉厚&裏面フラット構造のセミロングモデル。
    70g.120g.170g.210gの4サイズ。
    正付けでも水の抵抗があり、速引きには適していません。
    軽い1ピッチでも動きは派手でアピール力が抜群です。
    今春~夏に170g.210gがキハダ、クロマグロのジギングで圧倒的な釣果を叩き出しました。
    70g.120gはカツオ、キメジで大活躍。
    ボトムの上下動でバイブレーションフォールはマダイ、ヒラメ、ホウボウ、根魚キラーです。
    逆付けでは、裏面フラット構造のスーパーバイブレーションフォールで回遊魚にアピール。
    フォールスピードが遅いので100m以深は適していません。
    BB-GR(興奮イカカラー)、GG(横島グリーンゴールド/裏グロー)はカンパチ、ヒラマサ狙いの切り札。
    クイックレスポンスなので逆付けの場合、ハイスピードジャークでアシストフックが巻き付くトラブルが発生します。
    2WAY spiky Semilong/FLAT(フラット)の場合:
    薄身の裏面フラット構造で、スローピッチジャークで使われます。
    正付けでもスーパーバイブレーションフォールで、ハタ、カサゴ、ヒラメで威力を発揮します。
    125g.155gの2サイズですが水深30~80mでの使用がオススメ。
    構造上、潮流の影響を受け、深場では流れ過ぎてしまいます。
    逆付けはボトム狙いのマニアスタイル。
    スーパーバイブレーションフォールをより発揮させ、根際の魚もおびき寄せてしまいます。
    マダイ、ヒラメ、ホウボウ、根魚をじっくり狙うのに最適。
    ジャカ巻きはできません。
    2WAY spiky Normalの場合:
    卵型のスローピッチジャーク専用モデルで2WAYスパイキーの原型です。
    正付けでもバイブレーションフォール。
    マダイ、ヒラメ、マハタ、カサゴで威力を発揮します。
    110g.140g.170g.250g.300gの5サイズで水深別に選びます。
    近海の30~100mのマダイ、ヒラメ、マハタ、カサゴは100g.140g.170g。
    水深100~250mのアカムツ、マダラ、クロムツは170g.250g.300gがオススメ。
    構造上、潮流の影響を受け、軽いモデルで深場を狙うと流され過ぎてしまいます。
    逆付けはボトム狙いのマニアスタイル。
    販売開始当時はフォール狙いは逆付けバイブレーションフォールばかりでしたが、回収時の水圧で重くなるのが欠点。
    マダイ、ヒラメ、ホウボウ、根魚をじっくり狙うときにオススメですが、通常は正付けでOKです。
    もちろんジャカ巻きはできません。
    2WAY spiky Longの「逆付け」は、規則正しいワンピッチで外房、南房総、鹿島沖、東伊豆、南伊豆のヒラマサが釣れまくり。シャローエリアの斜め引きは逆付け&スローで規則正しいワンピッチでキマリ。
    バーチカルのカンパチ狙いは逆付け&ショートピッチで...
    ボトム付近のブリをゆったりジャークで誘うなら正付けです。
    またワラサ、イナダのハイスピードジャーク&ステイは逆付けでは回転運動が強くなるため正付けが正解。
     


    一粒で二度美味しいメタルジグをコンセプトで作られたのが2WAY spiky。
    対象魚別、誘い方別に使い分けができ超便利なジグのです。
    | saty-harada | タックル紹介 | 15:20 | comments(0) | - | - | -









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    このページの先頭へ