湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [本日再入荷] キャスティングプラグ用シングルフック:フッキング後のバレが少ないのが特徴... | main | [釣行予定] 今日も強風大荒れで...連続No-Fishingです。 >>
黒潮を読み...キハダ、カツオの接岸を予測しよう。
0

    黒潮に載り北上するカツオ、キメジ、キハダ。

    黒潮真っ只中はプランクトンが少なく、キハダのエサとなる小魚も少ない。

    潮のぶつかりでプラントンは発生。小魚も集まります。

    黒潮の流れを川に見立てると、弛み、瀬のようなポイントが分かります。

    水温分布も大切な要素で、いくら良い感じの流れでも低水温では定着できません。

    回遊魚ですが、湾内、パヤオ等の周辺には居つくのも特徴です。

     

    キハダは御蔵、三宅。カツオは金洲、銭洲...

     

    外房沖の潮な速さと犬吠埼沖の水温...

     

    遠州沖の潮はいかにも(笑)

     

    黒潮は毎年、コースを変えています。

    今年は春先に黒潮大蛇行と騒がれていました。

    御蔵島は5月からキハダが釣れまくり( 今もすごく良いカンジ...)でしたが、例年5月から接岸する銚子沖は不発。

    2ヶ月遅れて6月末より釣れ始めました。

     

    伊豆半島を冷水塊が覆っています。相模湾キハダは防鼠半島の分流から...

     

    銚子沖の潮流がスゴイ...

     

    外房沖〜銚子沖の潮はカツオ、キメジが...

     

    例年7月になると相模湾に入り込むキハダですが...今年は気配が薄い状況です。

    海況速報を見る限り大島周辺までは来てもおかしくないのに?まだ御蔵島~三宅島でとどまっています。

    自分なりに過去の釣果と海況図を照らし合わせると...ある程度の予測はできます。

    (この予測、割り出しは釣り人の楽しみです。皆さんも暇な時間に予想してください。湘南ルアー情報局、過去10年分のキハダ記事を見直し、当時の海況図の黒潮動向を見れば楽しいですよ!!)

     

    とりあえず、2018~2013の7/2~7/3の海況図を掲載させていただきます。

    潮流速、方向もお見逃しなく!!

    55HARADA動画、キハダやカツオのキャスティング&ジギングも役に立つはずです。

     

    | saty-harada | ルアーフィッシング | 19:59 | comments(0) | - | - | -









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    このページの先頭へ