湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [ブリ、ヒラマサ、ワラサ] TWZ 130F:カタクチイワシパターンのナブラに直撃、浮かせて誘う?ドッグウォークで誘う?...スモールサイズ | main | [本日再入荷] 釣果安定の野呂昌明リクエストカラーのプレーンアルミホロ.サイドマジョーラ...Long.Semilong/ROUND.Semilong/FLAT >>
[本日再入荷] ヒラマサキャスティングに...TT Eagle180F/アワビ貼り(アジブラウン&ストライプ)が再入荷です!!
0
    TT Eagle180F/アワビ貼りアジブラウンとアジブラウンストライプが再入荷しています。
    伊豆南沖、相模湾、銚子沖、遠州沖のキハダ用に売れていますが...
    外房、南房総、伊豆南沖のヒラマサキャスティングゲームでも実績抜群です。
    ワンピッチジャークで静かなS字アクションが得意技。秋のオオマサ狙いにお使い下さい!!
    相模湾キハダのド定番:スリム系ペンシルのTT Eagle150F.180F。

    イワシパターンはコンパクトなTT Eagle150Fがオススメです。

    オオマサ、ブリでも効果的!! ぜひお試しください。

     

     

    税込みRISE価格

    150F:5,184円

    180F:5,940円

    RISE Shopping/ソルトウォーター.tamaTV

     

     

     

    MIHASHI α-1から提案された...トビウオが飛び立つ姿勢の「斜め浮き」が釣れる!!
    この理想を具現化したのがSOULS:Nardo170-55とTT Eagle180F.150Fです。 
    ラインを張ったまま待てば、理想の斜め浮きが完成しま

    abalone MODEL
    税込みRISE価格
    150F:6,804円
    180F:7,668円
    RISE Shopping/Saltwater.tamaTV

    [カラー:150F・180F共通]
    BA-NA 黒アワビ/ナチュラルバック
    WA-BB 白アワビ/ブルーバック
    WA-NA 白アワビ/ナチュラルバック

    WA-PU 白アワビ/パープルバック

    WA-BI 白アワビ/ブルーイワシ

    WA-PI 白アワビ/ピンクイワシ


    [150Fスペック]
    サイズ:150mm
    ウエイト:42g(フックレス)±3g
    適合フック:ST-56#1/0、ST-66 #1/0.
    適合リング:#6
    タイプ:フローティング アクション:ダイビング.ドッグウォーキングアクション(斜め浮き可能)

    ハジキ飛ばされないために2/0フックを使っています(浮き上がりは遅くなります)

    フック&リングのチューニングでアクションが変わります。

     


    [180Fスペック]
    サイズ:180mm
    ウエイト:55g±3g(フックリングセット:65g±3g)
    適合フック:ST-56、ST-66 #2/0.
    適合リング:#6、#7
    タイプ:フローティング アクション:ダイビング.ドッグウォーキングアクション(斜め浮き可能)

    荒れた海で安定させるため3/0フックを使っています(浮き上がりは遅くなります)

     



    今日はキハダの浮きが悪く、朝イチのチャンス後は9:00まで何もなしでした。
    キハダのヒットは散発ボイルで、TT Eagle150F/ブルーアワビのチョンチョン誘いでヒット。

     


     

    イワシ追いのパターンになったらTT Eagle150Fの浮き待ちです。
    スリムボディー&絶妙な重量配分でクラス最長の飛距離を達成。

    ナブラに向かい一直線に飛び、チャンスを逃しません。


    55HARADA
    ルアーが下あご貫通でファイト時間はかかりましたが、それでも12分。

    散発のボイル。進行方向前方に撃ち込み、1アクション10cmの微妙な誘い&ステイで見事ビンゴ。

    150F/abaloneです。

    | saty-harada | タックル紹介 | 10:42 | comments(0) | - | - | -









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    このページの先頭へ