湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [洋上からの報告] 昨日に引き続き深瀬さんがジギングでキハダをゲット... | main | [追加] 深瀬さん、佐竹さんともキハダを追加... >>
[プチ遠征前に...] キハダジギングのコツ...深瀬賢一郎さんのスタイル!!
0

    只今釣れている御蔵島、イナンバのキハダ狙いはキャスティングとジギングが半々です。

     

     

    キハダのジギングは2パターン。

    泳層が~100mなら、120~130m落とし込み、比較的スローなワンピッチジャーク(1ストローク1m程度)で誘いあげるスタイルと、海面からフォールで誘う方法があります。

     

     

    巻き上げで狙うなら、素早い沈下でキハダの泳層に落とし込み、誰よりも早くアクションさせて誘います。

    泳層の下から巻き始め、タナを通過後20~30mまで誘いましょう。

    フォールでアクションせず、沈下の速い「ラウンドタイプ」がオススメです。

    泳層や潮流速度により使用ジグのウエイトは変わりますが、御蔵島、イナンバ、銚子沖では175g.205g.250g.300gが使われ、実績をあげています。

     

     

    フォールパターンで狙うなら、裏面フラットのセミロングがダントツです。

    横向き(水平姿勢)でキハダの捕食スィッチを刺激。

    沈下速度が遅く、バイブレーションフォールが得意で、肉厚コンパクトな「タフ」170gが大活躍している理由です。

     

     

    [カラーで悩んだら...]

    ベイトがイカの場合はグロー(04G.07G.08G.GG)が入っている方が効くそうです。

    イカの警戒色はGR.03Pで、ベイトが小魚の場合はシルバー系のSH.AM.04P.BS-B.BS-Pが使われます。

     

     

    ここまでは、キハダジギングの基本スタイルではありますが...

    深瀬さんは、ライトリグを使用。

    澄み潮の黒潮で、目の良いキハダはリーダーの太さが釣果を左右します。

    水深が100mを超え、暗い中なら60~80LBフロロリーダーでも見破られませんが、100m以浅では見切られてしまうことも!!

    したがって20~30kgキハダ狙いではPE4&50LBフロロが最近のトレンドです。

    深瀬さんはさらにライトでPE2&30LB(安易にマネはしませんように...キレる&ロングタイムファイトで同船者に迷惑を掛けます)を使っています。ロッドもサワラ用のライトジギングです。

    巻きも落とし込みも、ソフト&丁寧なアクションを心がけています。

    良く釣る人に共通していますが、アクションが丁寧で、狙った泳層を引ききります。

     

     

    | saty-harada | ルアーフィッシング | 11:38 | comments(0) | - | - | -









      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    このページの先頭へ