湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< 釣果報告:相模湾キハダのエビングが...渚丸(片瀬港) | main | キメジ爆釣!! 波崎沖のキャスティングゲーム 征海丸(波崎港) >>
[リアルなシンキングペンシル] キハダ、キメジ、カツオ狙いの必須アイテム:TT GLIDE(グライド)120m/52gはイワシベイトの切り札...
0

    キハダ、キメジ、カツオで大活躍のTT GLIDE120:type-1、type-2とも完売です。

    アルミ貼り、アワビ貼りともキハダを魅了するようです。

    再入荷は未定です。リップ付きのミノーモデルが先に出てくるかも?

     

     

    昨年のデビューからカツオ、キメジ、ホンメジ、キハダで釣果を積み重ねているTT.GLIDE。

    圧倒的な飛距離はもちろん、トリプルフックをセットしても安定の沈下姿勢&S字スイム。

    一度使えば「匠の技」を体感できます。

     

    シングルフックで...

     

    イワシ団子で...シングル仕様

     

    TT.GLIDEを手に取れば、クオリティの高いハンドメイド.アワビ貼りを実感できます!!

     

    アワビの目を揃えているのも匠の技!!

     

    背中のマジョーラ塗装が生命感を際立たせています...

     

    [アワビ貼り]

    TT GLIDE:type-1 abalon.SP

    TT GLIDE:type-2 abalon.SP

    黒アワビ/オールマジョーラ

    白アワビ/ナチュラル&クリスタルラメ

    白アワビ/ブルー&クリスタルラメ

    税込みRISE価格:5,778円(5,350円)

    RISE Shoppingソルトウォーター.tamaTV

     

     

    [アルミ貼り]

    TT GLIDE:type-1 120mm/42g

    TT GLIDE:type-2 120mm/52g

    Wシルバー/クリスタルラメ

    ピンクシルバー/クリスタルラメ

    ブルーシルバー/クリスタルラメ

    税込みRISE価格:4,428円

    RISE Shoppingソルトウォーター.tamaTV

     

     

     

    TT.GLIDE(グライダーのグライド:滑空の意味です)のアルミ貼り3色、アワビ貼り3色は最高の美しさです。

    空気を切り裂き、抜群の直進安定性が魅力のTT.GLIDE。

    体高のあるリアルベイトで、目の窪みが特徴。

    高浮力マテリアルを採用して沈下姿勢がさらに安定しました。

     

     

    ST-66#1×2でもバランスを崩さずバイブレーションフォールします。

    前方下部にウエイトを入れる一般的な重心位置ではなく、マニア好みの「飛距離とスイムの両立」をさせるためのセッティングが魅力。

     

     

    TT GLIDEは、ボディー成型と芯金以外はすべて職人手作業で...丁寧な作業は時間がかかり、製作数が限定されます。

    メジ、カツオはナブラ撃ちでTT GLIDEをお使いください。


    55HARADA

    TT GLIDE120.type-2のキャスティング&リーリングのヒット、ファイト、バラシを収録。

    type-2のボディーは52g、総重量58gで空気を引き裂いて遠投。

    ヘビーウエイトモデルと思えない軽快アクションでキハダを誘います。水面下のスイムパターンでヒット!!

    PE5号&100LBでストレスなくナブラ狙い撃ちができます。

    PE6&130LBでもOK(飛距離は落ちますが有効射程は60m)

     

     

     

     

    TT GLIDEの必釣3パタ−ン!!

    1:イワシ団子のフォーリングパターンはフリーフォールで、バイブレーションフォール&斜め前方沈下をさせてください。

    2:ロッドを立て、高速引き&シェイクの水面スキッピングも有効です。

    3:散発のナブラでは、広範囲を効率よく探る、水面直下のスイミングパターンがお勧めです。

    | saty-harada | タックル紹介 | 19:34 | comments(0) | - | - | -









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    このページの先頭へ