湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
<< [本日不在] 夕方まで外出しております。 | main | [ジグの模様は...] 幼魚模様(斜めストライプ)の原点カラーはハニービー/シルバーグローです... >>
[エビング基礎講座] タックル~釣り方まで...相模湾キハダ、キメジ、カツオ
0

    ヒット率が高い相模湾のエビングは、エサ(コマセ釣り)を超える釣果の日もあるほどです。

     

    タックッルは自由です。

    キハダキャスティングロッド&PE6でもOK。(昔からのベーシックスタイル)

    近海ジギングの5.5~6.3ftスピニングロッド&PE4。(最近の主流)

     

    (上からキハダキャスティングタックル、ジギングのスピニングタックル、近海ベイトタックル)

     

     

     

    カツオ、キメジ狙い。

    釣り宿によってはカツオ、キメジ船とキハダマグロ船があります。

    カツオ、キメジ狙いなら専門船がお勧めです。

    タックルで気を付けるのは針(フック)のサイズとハリス(リーダー)の太さだけです。

    キハダ用の20号、22号では食いません(目が良いのでリーダーが見えるのか? ワームの馴染み方なのか?)

    カツオ狙いは10~14号フロロ2~3m&カツオ針14.15号の組み合わせがベスト。

    リーダーは細いほど、明らかに食いは良くなりますが、8号では5kgカツオに瞬殺(泣)されるのでご注意ください。

     

     

    (左が2WAY spiky Semilong205g、右が2WAY spiky Long195g)

     

     

    (上がキハダ用:ネムリの16.17号、下がメジ.カツオの14.15号)

     

    誘い方も自由です。

    外房ヒラマサジギングと同じ1ピッチジャーク。

    スローピッチジャーク(スロージギング)と同じリズムで釣れます。

    昔ながらのキハダキャスティングタックルを使ったギンバルジャーク(スローな1ピッチ)でも、もちろん釣れます。

     

    2WAY spiky Long/165g.195g.255gが使われています。

     

    カツオの泳層は浅く15~30mのことが多い。この範囲で誘うor待つのが基本です。

    キメジの泳層はカツオの下で40~60mです。誘いはカツオと一緒でOK。

    ただ、カツオと違うのは「歯」があること。

    針を飲まれてしまうと12号フロロでもアッサリ飲まれ切れします。

    本気でキメジを狙うならネムリ針のキハダ専用フックにしてカンヌキ(飲ませて引き出すと掛かります)にかけましょう。

     

    iK制作のエビング仕掛け。濃いケイムラフックを採用。

     

     

    キハダ狙い。

    キハダ専門船に乗船。

    キハダの群れをソナーで追うスタイルです。ただしギャンブル性が高く...ボウズ覚悟でどうぞ(笑)

    キハダキャスティングロッド&PE6。近海ジギングの5.5~6.3ftスピニングロッド&PE3~4を使います。

    フロロ18号、20号、22号、24号にサークルフック2/0、3/0。

    キハダの泳層は40~60m。

    移動が速く、素早くタナに落とし、いち早く誘いたいので、天秤につけるジグは引きおもりが少ない2WAY spiky Long165g.195g.255gが使われます。

    食いがイマイチのキハダはコマセカゴ林立状態を嫌うようで...コマセカゴが多く入ると船下に入りません。

     

    ワーム。

    基本的にはワーム1匹のチョン掛け。

    キハダ狙いで2匹掛けも... 2匹でボリュームUP&浮力UP(キハダの針が重いため)のためです。

    カラーはケイムラが流行っていますが、ピンク、オレンジ、グローも釣れます。

    サイズもこだわらなくていいと思います。

     

    (上が超リアルなダッピー、巻きに最適のDRスティック、下が通称ゲジゲジ:EBING STICK)

     

    ファイトは...

    カツオ、キメジはスピードランナー。ずるずるドラグはオマツリの原因です。

    10~14号フロロなら3~5kgドラグを入れてください。

    エビングで難しいのはランディングです。竿先に天秤が来たらロッドを立て魚を水面に浮かせネットイン。

    ハリスが長いととても苦労します(笑)

    キハダ狙もドラグは5kgでOK。(大物は8kg入れることも...)

    ま、掛かりどころで時間は変わりますが、乗り合いなので時短(キハダのファイト中は乗船者は見学...)が望まれます。

    だからってドラグロックのパワーファイトは難しく...口切れの原因になります。

     

     

    「釣れる気分」になりましたか?

    そう、釣れる気分になれば必ず釣れます。とにかく飽きずに&丁寧に誘って下さい。

    ドン&ギュギュ〜ン!!の手応えを味わってください。

    はエビングが苦手なRISE 原田佐敏の解説でした(笑)

     

    55HARADA

    | saty-harada | タックル紹介 | 12:04 | comments(0) | - | - | -









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    このページの先頭へ