湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
黒潮情報:狙う場所は決まりましたか?
0

    南房総はいいカンジですね。

    大島もバッチリ。御蔵島、イナンバは相変わらず黒潮本流のど真ん中。

     

    個人的には5/26:カンパチ狙いの神子元周辺には潮が挿してほしいし...

    半面、5/29.6/2のキンメ狙いでは新島西面の潮が緩やかになってほしい。

     

    5/20

     

    5/21

    | saty-harada | 雑談 | 17:58 | comments(0) | - | - | -
    雑談:キハダはタイミングだ...ギャンブラーの世界へようこそ(笑)
    0

      キハダ開幕は年々早くなり今年は4月中旬に御蔵島で34匹の大爆釣から一気にヒートアップ。

      伊豆南沖はGW明けの5/10.古坂さんの1匹から開幕しました。

      森竜丸さんだけで5/14:12匹、5/15:19匹、5/16:8匹、5/17:10匹と絶好調が続いています。

       

       

      今シーズンすでに佐藤慎さんは2釣行でジギング6匹+キャスティング2匹の8匹。

      浜田研さんはジギング3匹、キャスティング4匹の7匹。深瀬賢一郎さんはジギングで7匹。

      自分はジギング2匹、キャスティング3匹の5匹ですが...

      今シーズンは2~3匹の複数キャッチの方が多く、素晴らしいスタートダッシュです。

       

       

      1シーズンキハダ10匹キャッチがマニアたちの目標です。

      私、2008から相模湾キハダを本格的に追い求め10匹以上を達成できたのは1回だけ。

      反対にボウズの年が1回あります。

      2008から今年まで12シーズンを経験していますが、今年は10年ぶりの「爆釣イヤー」です。

       

       

      今年は好調続きとはいえ、これはタイミング良く出船できた方に限ったことです。

      御蔵島もイナンバも南沖も「良い日と悪い日」があり、タイミングが悪いと「撃沈」です。

      回遊魚のキハダはタイミングが一番重要です。

      どんなに腕が良くてもキハダに「食い気」がなければ釣れません。

       

       

      一般的なケース:月一、週一の釣行では素早く予約を入れるのが鉄則。

      不確定要素の中で「場所決め、船宿決め」をしなくては...どこにも乗れません。

      予約した後で他の場所が大爆釣とか、気が狂いそう(笑)な現実も待ち受けています。

      キハダ狙いは究極のギャンブル。

      ボウズの覚悟、辛さにに負けない強い心が必要です。

       

       

      今後の原田のキハダ巡業は...伊豆南沖、相模湾、銚子沖、波崎沖、日立沖、山形飛島の予定です。

       

       

      もちろんキハダだけを追うのではなく、カンパチ、ヒラマサ、ブリの青物ジギング。

      究極のディープスロー:キンメ~ベニアコウと「テッペンフィッシュ」狙いに徹する予定です。

       

       

      つ〜ことで、週は2~3回の釣行となり、通販でご迷惑をおかけ致しますがお許しください。

      釣り場情報、釣り具テストも仕事なんです(笑)

      | saty-harada | 雑談 | 19:32 | comments(0) | - | - | -
      岩手の海から...堀籠賢志さんが釣った脂ノリノリの板マス(体高のあるサクラマス)が届きました。
      0

        素晴らしいコンディションのサクラマスです。

        フライとルイベで頂く予定ですが...食べきれませんね(笑)

        堀籠さんごちそうさまです。

         

         

         

        杉山さん、横島プロ、堀籠さんでの釣行。

        2WAY spiky Semilong/ROUND145gが活躍してくれて...嬉しい限り。

        この後、このモンスターサイズより大きなサクラマスが宮古(岩手県)に来るそうです。

         

        | saty-harada | 雑談 | 17:10 | comments(0) | - | - | -
        [ライン巻き替え] WEB通販ご利用のお客様に対応:リールを郵送頂けば「プロ巻き」を承ります!!
        0

          ライン巻きを承ります。

          ご来店は2Fでライン巻きができます。(事前にご予約下さい:待ち時間が短くなります)

           

          VARIVAS MAX POWER.S.M.P.Si-Xの全サイズが揃います。

          キハダ、クロマグロ、オオマサ用の30%off.VARIVAS SMP(4~8号) 20%off.Si-X(5~12号) よつあみFULL DRAG(4~5号)が揃っています。

          もちろん無料ですが、当店でラインご購入のお客様へのサービスです。

           

          キハダ用PE4~6.300~400m巻き。(テンション5kg±)

          新島沖のメガキンメに1.5号、2号1200m巻き。(テンション1~2kg±)

          日立沖、竜飛のクロマグロ用PE8~12.300~400m巻き。(テンション7kg±)

          ジギング用PE2~4.300~400m巻き。(テンション5kg±)

          (お客様のお好みでエッジギリギリから90%まで下巻き量で調節致します。)

           

           

          当店でPEラインをお買い上げいただけば「ラインの巻き替えを無料」でサービス。
          ご来店のお客様限定だけでなく、WEB通販ご利用のお客様のも対応させていただいております。
          リールの送料はお客様のご負担になりますが、手巻きのプロ巻き&リーダーセット(PRノット:ご希望のLBS.長さ)は無料です。
          ラインテンションをかけ、じっくり時間をかけ、手巻きでキッチリと巻きます。違いは歴然!!
          リーダーの太さと長さ、素材(フロロorナイロン)をご指定頂けば、完璧にセッティングいたします。

           

          お客様からお送りいただいたSW1400

          FULL DRAG#4 pro巻き440m&80LB:メーカー表示は400m

           

          OCEA JIGGER1000H.1500H:タチウオ&スロー用

          2台ともPE.AVANI10×10.1号300m+フロロ35lbs3m接続。


          お電話(0463-24-3611)か、WEBの「お問い合わせ」に、ご希望のライン(当店で販売中の商品)、接続リーダーをお知らせください。
          リールは複数台の方が、一台当たりの送料がお安くなると思います。

          リールの到着日+1日で巻き、お支払後(ネットバンク、代引き等)に郵送いたします。

          釣行直前のギリギリスケジュールはお受けできません。

          マグロ用、GT&遠征、ブリ、ヒラマサキャスティング、ヒラマサジギング、スロージギング、ティップラン、すべてお任せください。
           


          手巻きにはik500を使っています。
          ラインに熱を持たせることなく、適度なテンションをかけ続けてリールへの糸巻きが可能な「糸巻き工場」のライトバージョンです。

          従来、リールへの糸巻き時は専用の機械を使用したり、布や指でつまんだりといった方法が一般的ですが、いずれの場合もテンションを掛ける際に熱が発生してしまい、ラインが劣化します。

          PEラインは化学製品で熱に弱く、摩擦を与えることで品質の劣化が起きます。

          | saty-harada | 雑談 | 11:48 | comments(0) | - | - | -
          [ハチビキ] 神子元島沖の中深海スローはハチビキ、ヒラキンメ、メダイ...
          0

            神子元島沖の中深海スローが人気です。

            水深300m程度でジグは300~435g程度と扱いやすく、何よりヒット率が高いのが魅力。

             

             

            なかでもパワーもアリ、味も良いハチビキ(ハマダイ似)が釣れて人気です。

            旬は冬から夏で水深100~300mに生息。

             

             

            鮮度の落ちは遅く。大きい方がうまい。

            筋肉は赤く、血合いは紫色を帯びた濃い赤をしている。

            頭部、あらあどからいいだしが出る。

             

             

            身の色があまりに赤く(赤紫系)イマイチと思っていましたが...

            大物は脂があり美味で市場価格も高い。

            | saty-harada | 雑談 | 11:00 | comments(0) | - | - | -
            [イセエビ] 漁期終了間近...南伊豆の網元より!!
            0

              アオリイカの帝王、小川正さんは茅ヶ崎から南伊豆に移住しています。

              現在、イセエビ漁師の見習い中。

               

               

              贈答品にお願いしたところ...ナイスサイズの活エビが10匹届いたそうです。

              ありがとうございました。

               

               

              南伊豆のトロキンメのディープジギングに行くときに連絡します。

              | saty-harada | 雑談 | 12:01 | comments(0) | - | - | -
              [人生初!!] ベニアコウ、イバラヒゲの深海1000m魚を食べます!!
              0

                浜値が10,000円/kgの超高級魚のベニアコウ(オオサガ)の頭(考案中)、カマ(煮つけ)、アラ(味噌汁)、味噌漬けの身(焼き)、さらにイバラヒゲの味噌漬け(焼き)を頂きました。

                 

                これより美味しい魚は居ないと言われるベニアコウ

                 

                見た目は怪獣だけど...美味しいらしい。

                 

                今年だけで10匹ゲットのマル鉄WATANABEさんが先日釣ったベニアコウとイバラヒゲを持ってきてくれました。

                昨日は1000mのベニアコウ狙いのコツをメールで伺い、今日はご本人から詳しく教えて頂きました。

                人生初体験。今夜から味わってみます。

                いつか自分で釣ったベニアコウが食べた〜い!!

                 

                背の部分もいいカンジ...

                 

                良質の脂で美味しそう。

                 

                先日釣ったカンパチ、今日捌いたら、良い身質でした。

                明日から刺身、カルパッチョで食べる予定です。

                | saty-harada | 雑談 | 16:20 | comments(0) | - | - | -
                [マツコの知らない世界] マツコの知らない箱根の世界をご覧ください!!私の友人.田中康久くん出演!!
                0

                  2019年3月12日(火)よる8時57分から放送!

                   

                   

                  「マツコの知らない箱根の世界」今回のゲストは箱根で新聞配達歴50年以上!!(社長ですけど...)

                  地元でドンと呼ばれる男:田中康久さん。

                  「テレビでよく取り上げられている有名なところはやりません」という田中さんがオススメするのは地元民だからこそ知っている箱根のディープな場所をご紹介。

                  知られざる小浴場の魅力から、取材一切NGのとっておきグルメまで一挙公開。

                  地元民が愛する箱根の姿にマツコも「箱根に行きたい!」と叫ぶ!!

                   

                  釣り関連の話しは一切ありません(笑)ので...

                  | saty-harada | 雑談 | 12:38 | comments(0) | - | - | -
                  釣りビジョン「つりステ釣会議」の放送予定!! ぜひご覧ください。
                  0

                    つりステ釣会議の放送時間!!

                    第24回 3月2日(土) 22:00

                    第24回 3月3日(日) 13:00

                    第24回 3月3日(日) 26:00

                    第24回 3月4日(月) 19:00

                    第24回 3月5日(火) 14:00

                    会議系フィッシングワイドショー番組『つりステ釣会議』に出演させていただき、今回は新島キンメと昨年末のキハダ&マカジキの話しをさせて頂きました。

                     

                     

                    釣りに役立つHOTな話題や最新釣果速報、視聴者の皆様からの疑問など、様々な議題について徹底討論!

                    今週も、旬の釣り物、釣りに関するチョットしたアレコレについて、それぞれの視点から大いに語りあいます。

                     

                     

                    今回は「今年のキハダはポッパーだ!!」と言っております。

                    今年の原田予想は的中しますか?

                    | saty-harada | 雑談 | 18:29 | comments(0) | - | - | -
                    新島沖のメガキンメさばきました...全身が白身のトロ!!
                    0

                      全長64.0cm(叉長55.0cm) /3.3kgのメガサイズのキンメです。

                       

                      水で流しながらでないと...ウロコ人間に!!

                       

                       

                      まずはウロコ取り。

                      剥がれやすいのですが、ウロコが大きく&飛び散るので、この作業は家の外で...

                       

                       

                      脂だらけで素手ではつかめないほど...

                       

                      頭も大きく、そのまま半分割では味噌汁、煮魚で鍋に入りません。

                      脂はスゴイ!! 全身が白身のトロ状態。

                      超高値のブランドキンメ、新島日戻りの3kgモノは浜値5000~7000円/kg。

                      あまりにも高価で購入はできませんが、釣ることならできます。

                      釣った魚を美味しくいただくのも釣りの楽しみ(笑)

                       

                      ジグの1/3サイズ(15cm)

                       

                      胃の中はハダカイワシ3匹とエビが数匹。

                      なぜ800g.1000g(350mm)の大型ジグにバイトするのでしょうか?

                       

                      2WAY spiky 1000g(ジグ35cm)と並べても...この大きさ!!

                      | saty-harada | 雑談 | 19:35 | comments(0) | - | - | -
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      このページの先頭へ