湘南ルアー情報局

原田佐敏のルアーフィッシング情報
JJ
0

    こんにちは原田さん、今日は大雨、強風の中、北茨城の正八丸さんでジギングとサワラキャスティングに行って来ました。

    北茨城では昨日サワラ1人10本位釣れていたみたいで、期待していたのですが、雨風で海悪く船中サワラは自分の1本だけでした。

    他イナワラ、マトウ鯛で竿頭でした。

     

     

     

    ロッドはスロージャーカーPSLJ603-3

    リールはオシアジガー1500HG

    PE2号、リーダ40lb

    ジグは2WAY spiky Semilong ROUND ハニービーゴールドピンク85gにリアに太刀魚フック

     

     

    ナイスサイズのマダイです!!

     

    北茨城は魚種が豊富で色々釣れます。

    10月28日は北茨城の第八茂栄丸さんでスーロー&テンヤで太刀魚17本、真鯛も沢山でこの日も竿頭になれました。

    いつも2WAY spikyに助けられてます(笑)

    釣り後はお父さんが魚を捌いてくれて、美味しく食べてます。

    今からサワラの刺身、炙り作ってくれるそうです。

     

    プロの腕前です!!

     

    投稿ありがとうございます。 繊細ゲームが得意な人は釣りセンスがあり、大物釣りも上手くなります。 日立のキハダ...いつか釣りましょう。
    | saty-harada | ルアーフィッシング | 17:57 | comments(0) | - | - | -
    [動画] 71.4kgキハダ 日立沖のキャスティング:日立丸(日立第五埠頭)
    0

      先週は風波が強く沖に出られず涙でしたが...

      11/22(水)本日はポイントが遠くなりましたが微風&ベタ凪でした。

       

      55HARADA

      小規模ながらコアホウドリのトリヤマが多く、キハダも散発でドカ~ン。

      逃げるサンマ、鳥の動きでボイルしそうな場所にスリムなTT Eagleを撃ち込みステイ。

      サンマの逃げる方向と同じ向きに浮かせるのがキモ!!(なかなか難しいけど...前回も今回もこのスタイル)

      あとはラインスラックを取り、待つだけ。

       

       

      池の鯉のように、ゆっくり浮いて吸い込むようなバイトです。

      フッキングは「聞き合わせ」で、軽くラインを張り、重みを感じたら鬼アワセ。

      あとは休まずポンピング&リーリング。

       

       

      前回11/8(67.2kg)はファイト中、尻尾にラインが絡み、船近くでリーダーが尻から外れ口に...大暴れで10分弱のファイトでした。

      今回はノントラブルでしたから4分でした。

      原田、筋力はあるけど持久力がないので短時間ファイトが自分スタイル。

      ローギアリールのメリットを痛感しています。ハイギアでのファイトだったら30分はかかりそう。

       

       

      50~70kgにはオーバーパワーですが10号&200LBは、まったく不安なくファイトができ、やはりバレは少ない気がします。

      | saty-harada | ルアーフィッシング | 13:53 | comments(2) | - | - | -
      今日はキハダが二匹
      0
        満員で出船。
        DAIWAの栗山さんも乗船していました。
        ポイントが遠く、朝は3時間のクルージング。
        今朝は氷点下で寒かった(笑)

        ポイントに到着すると、アチコチでキハダのボイル。
        サンマが逃げ惑い、釣れそうな雰囲気ムンムン。
        1ナブラで半時計回りで1座席移動。
        左舷の後ろから二番目から10移動でミヨシに到着。
        左で派手なボイル。ミヨシ左舷の安保さんがヒット。
        自分のTTイーグルと右隣の浜田さんのTTイーグルが浮いている所に、キハダが浮きパクッ。が、ミスバイト。
        そのまま待つと、さらに次のキハダがバクッ。
        手にアタリがこない。
        [えっ、あれで食ってないの〜]と落胆の声をあげましたが、じつは原田のTT Eagle230が食われ、水中に持ち込まれたようです。
        鬼のアワセを入れると、10mほど突っ込んだけど、ドラグ10kgでロッドを立てると止まり、あとは休まずパワーファイト。ローギアでこそのメリット。
        スマホで動画撮影時間から、多分、4分で船にあがりました。
        阿保さん、リールがハイギアのドッグファイトで辛そうでしたが、40kgサイズのキハダを無事キャッチ。



        その後も何度かチャンスはありましたが0。
        中盤、本日のハイライト。マカジキの50-80kg群れと遭遇。
        あっと言う間に5ヒット。が、すべてバラシ。口が固いから針が刺さりません。
        天気さえ良ければ、キハダのチャンスはありますね。
        | saty-harada | ルアーフィッシング | 17:18 | comments(0) | - | - | -
        釣れました
        0
          TT Eagle230/アジブラウンで71.2kgが釣れました。




          ファイト5分。
          かなり、あっさりと勝負がつきました。
          | saty-harada | ルアーフィッシング | 15:21 | comments(2) | - | - | -
          [釣行予定] 日立沖のキハダキャスティング:11/2(水)日立丸さんに乗船予定です。
          0

            11/22(水)は日立沖の黒潮ゲームで日立丸さん:日立港に乗船予定。

            すでに満船です。来週11/29(水)も乗船予定!!


             

            日により状況は変わりますが、サンマの逃げ、コアホウドリのトリヤマがあり...

            脂ノリノリのトロキハダ(サンマ捕食&低水温海域のキハダはクロマグロと遜色ない脂と味!!)のボイルがあります。

            先週は沖が荒れ...早あがり。今週はどうでしょ(笑)
             

            今年のサンマはTT Eagle210でビンゴ...


            日立丸さんはPE8.PE10のパワーファイトなので「電気ショッカー」(カジキの場合は危険防止で使用)は使いません。

            浮かせたら、銛とギャフで仕留めますが...

            5~20分と短時間ファイトなので魚が弱ってないため、船上で大暴れ。ルアーが凶器になり危険です。

            | saty-harada | ルアーフィッシング | 16:45 | comments(2) | - | - | -
            [大会成績] チャーマスフェスティバルin 波崎(征海丸)の報告!! ジュニア賞&レディス賞のW受賞!!
            0

              こんにちは、昨日2017テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN 波崎に参加して来ました。

               

               

              昨日からの風で海は大時化だったので席はトモにしました。

              海に出て見るとやはり凄い波で船が進めずスタートが8時30ぐらいからでした。

              スタートフィッシングから11時まで船中イナダ2匹位? それまでは水深50m位だったのでブリ狙いでMCワークスNB565HSに2WAY spiky Semilong ROUND/205gでしたが、ポイント変えるうちに水深15mぐらいになって来たのでMCワークスNB604SS SOTOBO SPに2WAY spiky Semilong ROUND/85gでキャストし斜めに広範囲を探る外房スタイルに変えました。

               

               

              するとイナダがバタバタ釣れ始まり、お母さんもスロージギングに変え2WAY spiky ノーマル/140g 困った時のブルピングローでお母さんもバタバタ釣り渋い中6匹釣れました。

              大きいのは釣れませんでしたが、お母さんがレディース賞、自分がジュニア賞を頂けました。

              いつも2WAY spikyで釣果出るので一番のお気に入りのジグです。

              今年小さめのキハダ二本釣りましたが、大きいのを今年最後に釣りたいのでまだ日立丸さんに通います。

              原田さん、日立丸さんのキハダキャスティングでお世話になります。

              ご指導宜しくお願いします。

               

              さすがスーパー中学生!!

               

              [大会結果]

              総合優勝:栃木県 小山市 小倉 和裕 様 5.35kg

              総合2位:千葉県 松戸市 草野 猛志 様 5.12kg

              総合3位 埼玉県 川口市 塚田 廣 様 5.02kg

              レディース賞:茨城県 東茨城群 池田 英子 様 2.05kg

              ジュニア賞:茨城県 東茨城群 池田 圭佑 様 2.10kg

               

               

              激荒れ、激シブの中お疲れ様でした。

              最後まであきらめず釣る姿勢は大切です。

              次はデカキハダですね。

              | saty-harada | ルアーフィッシング | 11:16 | comments(0) | - | - | -
              [出船予定] 日立丸でサンマパターンのキハダを狙う...50kgオーバー11匹目は?
              0

                日立丸さん:日立港のキハダキャスティングゲームがマニアに大人気です。

                凪で沖に出られれば、かなりの高確率でメガキハダのナブラに遭遇。

                 

                11/20(月) 茨城遊漁船定休日

                11/21(火) マグロ船(締切ました)

                11/22(水) マグロ船(空席1)

                11/23(木) マグロ船(締切ました)

                11/24(金) マグロ船(現在7名)

                11/25(土) マグロ船(空席4)

                11/26(日) マグロ船(締切ました)

                11/27(月) マグロ船(未定?)

                11/28(火) マグロ船(募集中)

                11/29(水) マグロ船(現在3名)

                11/30(木) マグロ船(現在3名)

                 

                鳥レーダー、ソナー、魚探知装備。
                ナブラ探しのツナタワーも...

                銛、ギャフはもちろん、カジキ用の電気ショッカーも装備
                釣った魚を0度の冷水で保冷できる装備も完備!!

                日により状況は変わりますが、サンマの逃げ、コアホウドリのトリヤマがあり...

                脂ノリノリのトロキハダ(サンマ捕食&低水温海域のキハダはクロマグロと遜色ない脂と味!!)のボイルがあります。

                日立丸さん、最近はPE8.PE10のパワーファイトなので「電気ショッカー」(カジキの場合は危険防止で使用)は使いません。

                浮かせたら、銛とギャフで仕留めますが...短時間ファイトで魚が弱ってないため、船上で大暴れ。

                ルアーが凶器になり危険です。

                | saty-harada | ルアーフィッシング | 12:15 | comments(0) | - | - | -
                [再掲載] 日立丸さんからの提言:男気タックルで挑め...
                0

                  [男気タックルで挑め]

                  最低でもPE8号以上タックル。おすすめはPE10号タックルでリーダーは200~220LB。ドラグは10kg設定。

                  (これ以上はフック、スプリットリング伸びる可能性有るので…)

                  PE8号タックルでもドラグ設定6kgではポンピングしてもドラグ滑るだけで全然巻けません。

                  それにロッドが三分の一しか曲がっておらず、せっかくのロッド性能をいかしきれてない。

                  せっかくドラグ設定12kgまでかけられるロッドにドラグ6kgでは勿体無いです。

                  ライトタックルで1時間や2時間かけてとるのが良いのか? ヘビータックルで短時間でとるのが良いのか?

                  普通の釣人では気を張り詰めてのファイトタイムは10~15分が限界です。

                  ヘビータックルは確かに体に効きますが短時間であげられます。

                  キャッチ出来れば喜びも感激も有ります。

                  2時間ファイトしてあと少しでバレては不眠症になります。 

                  釣り人生の中で自分よりも大きなマグロを釣り上げるというのは、ほとんどの方の夢だと思います。

                  その夢を釣り上げるのだからタックルセッティングは真剣にやろう。

                  自分よりデカイの釣りあげ、自分の歴史に残そう!!

                   

                  男のファイト!!

                   

                  日本のルアー界の重鎮:北村秀行さん50.8kg

                   

                  原田の考えですが...

                  仲間でのチャーターやプレジャーなら、ファイト時間が長くても問題ありませんが...

                  乗合い船で同船者が多い時、ファイト待ち(待たせるのも...)は辛いもので、船の周辺にナブラが見えてるときは早くあげて皆様にチャンスが回るようにと考えるものです。

                  PE10のパワーゲームは大味かと思いますが、10分間のほぼ無酸素運動には、違った醍醐味があります。

                  自分はヘビータックル一辺倒ではありませんが、バラシが嫌いなので「早くあげる派」(笑)です。

                  体力、とくに持久力に自信がないのが原因。ちなみに10分間はフルパワーで闘えても、30分は無理かな。

                  昔、43kgのキハダをナイロンライン30LBで2時間10分のロングファイトでキャッチしましたが...死ぬほど苦しかったことを覚えています。(TV撮影で絶対に獲って、無理しないでと撮影スタッフの指令だったので...)

                  ロングファイトは苦しいものです。なんて短時間のパワーファイトも呼吸困難になる直前って感じですけど(笑)

                  ま正直、キハダ、クロマグロの大物狙いは、ある意味、この「苦しさを実体験」したいのであって、「楽ちん派」は絶対に挑戦しませんよね。

                  どうしても上がらないなら、魔法の「ショッカー」をお願いするといいでしょう。

                  ただし投入後、魚に触れる前にルアーと接触。この衝撃でバラシも起きます。

                  最近はカジキの場合に使用。ビルがとても危険なので使っています。

                   

                  昨年に引き続き今年もキャッチの瀧上さん...

                   

                  余裕を感じます。

                   

                  [船長、日立大物マニアから聞いた話]

                  11月からのベイトはサンマで、これを追ってコアホウドリ、クロアシアホウドリが回遊してきます。

                  ちなみにこのエリアは太平洋沿岸、黒潮コースから回遊のキハダではなく、ミッドウェーから西に向かい南下するコースで、年明けにはハワイ方面に出ていくようです。近いエリアの銚子沖キハダとは別行動です。

                  まず南下のサンマ追いメガキハダはルアーにスレていません。

                  相模湾に居ついたクレバーなキハダと違い、サンマタイプのフローティングペンシルに疑うことなく...ゆっくり浮上してきて池の鯉みたいにバクッ。

                  キハダの特徴ですが「浮かせて待つ」のが基本です。

                  キハダは食い方があまり上手でなく、早合わせは厳禁。飲ませて引き出すように合わせろ(船長談)

                  すっぽ抜けは悲しいですよ。

                   

                  船にあげてからの傷が...でも初期性能維持!!

                   

                  ものすごいパワー:ST66#4/0が折れてます!!

                   

                  [原田佐敏のタックル]

                  遠投の必要はなく、リフティングが楽なミディアムレングスのBkH798LMG plusを使用中。

                  リールは、大物に限りノーマルギア(ローギア)ギア比を使います。

                  初期型のSALTIGA Z6500を2台&替えスプール。

                  (青森竜飛、山形酒田のクロマグロ創成期に揃えました。替えスプール、ドラグノブを多く持ち、現行型と共用できないのでそのまま...壊れるまで使用するつもり:笑)

                  4.3:1のギア比はナブラに何度も撃ちなおすときは巻き取りが遅くもどかしい(笑)けど、大物を浮かせるパワーファイトでは力要らずで楽です。

                  (販売と同時にドッグファイトも購入しましたが、力のない自分にハイギアは重すぎて無理だと即手放しました)

                  ラインはVARIVAS SMP 10号とSi-X10号を250m。リーダーはMAGURO 200LB×4m(長いのが好きで...)

                  ノットはPRで4~5cm。

                  ルアーはTT Eagle230.210を使用(開発のお手伝いをさせて頂き、リアルサンマシルエットの具現化:壊れても沈まない不沈構造、絶妙なウエイトバランスで直進性&飛距離、一昨年から日立沖キハダの定番に...)

                   

                  [大物狙いの信条]

                  どの釣りでも同じですが「丁寧に誘う...」のは基本中の基本です。

                  また不安は大敵。大物ゲームではどんな些細な不安も払拭してから挑みたいもの。

                  ラインの小さな傷、リーダーのヨレ、ノットの劣化...少しでも気になったら極限のパワーファイトはできません。

                  時間がかかっても、ナブラが見えていても、まず落ち着いてリグを直し、不安を払拭してからキャスティングしましょう。

                   

                  ps:大物狙いは落ち込まないこと。

                  キハダ狙いはキャッチ率50%。待望のヒットも、通常半分しかキャッチできません。

                  バラシは悔しく、膝から崩れ落ちるほど。でもこれは大物狙いの宿命です。

                  この悔しさが増えるれば増えるほど必ず腕は上達して、確実に釣れるようになります。

                  | saty-harada | ルアーフィッシング | 11:10 | comments(0) | - | - | -
                  [釣果速報] 上越ブリジギング:10kgクラスが釣れ始めました...浅間丸(直江津港)
                  0

                    浅間丸さんのBLOGより...

                     

                     

                    ブリラッシュ始まるか?

                    現在ブリ4匹!!

                     

                     

                    | saty-harada | ルアーフィッシング | 13:58 | comments(0) | - | - | -
                    釣果報告:マグロの予定がサワラに...4kgサワラをゲット!!
                    0

                      いつもお世話になっております。栃木の大久保です。

                       

                       

                      せっかくTT.Eagle230を送ってもらいましたが、日立沖は大荒れでマグロ船出船できませんでした。

                      前日のうちに連絡が来たので、急遽東京湾サワラにフレンドシップからの出船となりました。

                      鳥がいっぱいいていい感じ、ピンテール貫通40gピンクでチビイナダ君が遊んでくれました。

                      その後投げ続けると4kgのいいサワラでした。

                      同船者は釣れませんでしたが、やはりサワラは飛距離が出ると確率が上がるようです。

                      タックルはPE1.5&リーダー35LBと飛距離重視にしたのが勝因でしょうか。

                      これから食べますが楽しみです。

                       

                      大久保さん投稿ありがとうございます&おめでとうございます。

                      東京湾のサワラはメチャ美味しいですよ。

                      刺身もいいけど、きのこ類と一緒にホイル蒸し&ポン酢がイチオシ。

                      ま、東京湾サワラは煮る、焼く、蒸す...どれも絶品ですけど。

                      | saty-harada | ルアーフィッシング | 18:03 | comments(0) | - | - | -
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      このページの先頭へ